翌日にまた食べたくなる。東京土産「御門屋の揚げまんじゅう」の不思議な魅力

公開日: : 東京土産

御門屋「揚げまんじゅう」

先日、東京土産の御門屋(みかどや)の「揚まんじゅうを」いただきました。その存在は、ずいぶん前から知っていたのですが、食べるのは今回が初めてです。

東京土産の御門屋の「揚げまんじゅう」

老舗感ただようラッピング

御門屋「揚げまんじゅう」
黒の包装紙にえんじ色のリボン、老舗感がただようラッピングです。

御門屋「揚げまんじゅう」
箱はシンプルな白ベース。

プレーンと胡麻の詰め合わせ

御門屋「揚げまんじゅう」
今回の揚げまんじゅうは、プレーンな「こし餡」と「胡麻」が5個ずつ入った詰め合わせです。

御門屋「揚げまんじゅう」

まずは、「こし餡」からいただきます。「のれん」のようなデザインのラッピングが素敵です。

小ぶりなサイズ

御門屋「揚げまんじゅう」
中身の揚げまんじゅうは、思ったより小ぶりです。揚げまんじゅうなので、あたりまえですが表面に浮いている油が少々気になるかな。

油の味が気になる?でも・・

御門屋「揚げまんじゅう」

半分にしてみました。中にはこしあんが入っています。さっそく、一口。食べると、まず油の香りがしますね。あんはほどよい甘さの上品なお味です。おまんじゅうだけど、あんドーナツのような、あまり食べたことのない味ですね。

次の日にまた食べたくなる

1つ目を食べたあとは、正直いって油の味が気になってしまい、「揚げてない普通のまんじゅうの方が好きかも。美味しいけど、自分では買わないかなぁ」なんて思っていました。でも次の日、なんだか揚げまんじゅうの味が忘れられなくなり、また食べたくなっていました。

こちらは胡麻です

御門屋「揚げまんじゅう」

次に食べたのは胡麻です。

表面にもあんにも胡麻入り

御門屋「揚げまんじゅう」

表面にも黒胡麻が見えています。

胡麻と油の相性が◎

御門屋「揚げまんじゅう」

あんにも胡麻が入っていますよ。胡麻は油の味と合っていて、中華のお菓子のような印象です。どちらかというと胡麻の方が好みかな。

油っぽいのに食べたくなる、クセになる味

この「揚げまんじゅう」、少々油っぽさが気になるのに、一つ食べると次の日にまた食べたくなるクセになる味なんです。油とこし餡が合うのでしょうね。思わず「美味しいものは油と脂肪でできている」というCMを思い出してしまいました。小さいのに、一つ食べると十分な満足感があります。というか一つ食べるともう十分です。緑茶でもコーヒーにも合う味です。

寒さも乗り切れそう?

私は2つ目からは、食べるときに表面の油を軽くキッチンペーパーでおさえてから食べるようにしていました。すこし油っぽさが軽減します。結局、「『油っぽい』って言ってなかったっけ?」と、夫にあきれられながら10個中5個は私が食べてしまいました。。このところ毎日寒いけど、揚げまんじゅうを食べると、寒さを乗り切れそうなエネルギーが出てくる感じなんですよね(高カロリーだから?)

不思議な魅力にやられました。

揚げまんじゅうの御門屋

関連記事

和ラスク

東京土産「彩り和ラスク」は見た目も味も高級感たっぷり!

夫が東京出張の際に、「彩り和ラスク」を買ってきてもらいました。先日食べた「シュガーバターの木」は

記事を読む

シュガーバターの木

東京土産の「シュガーバターの木」はザクザクの新食感がやみつきに!

シュガーバターの木 手軽に買える東京土産の新定番 先日、夫が東京方面へ行く機会があったので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑