梅雨を楽しく元気に過ごす方法

公開日: : 最終更新日:2014/07/09 梅雨対策

爽やかな5月が終わり、湿度も温度も上がり、ジメジメとした天気が続く梅雨の時期。どうしても、どんよりとした気分になりがちですね。
なかなか家事や仕事のやる気がおこらないことも。

そんな梅雨の時期を楽しく元気に過ごす方法を考えてみました。

早寝早起きをする

069990
夜更かしして睡眠不足では、どんよりしたお天気をよけいにつらく感じてしまいます。たとえ雨の日でも早朝は清々しい気分になれます。
憂鬱になりがちな梅雨の季節は、特に早寝早起きを心がけて、気持ち良く1日のスタートを切りたいですね。

太陽の光を浴びながら歩く

070854
梅雨の時期でも晴れる日はあります。
そんな日は積極的に外に出て、太陽の光を浴びながら歩きたいですね。
日照時間が減ると、脳内物質の「セロトニン」が減少してしまい、憂鬱な気分になるそうです。
「太陽の光を浴びる」「歩く」ことはどちらも「セロトニン」を増やす効果があります。

深呼吸をする

4bf6dd522c25166f5d30926169e266dd_s

憂鬱な気分のときは呼吸が浅くなりがちです。
深呼吸することで自律神経を整えて、身体をリラックスさせてくれます。深呼吸するときは、「吐く息」を意識して、5〜10秒からかけて、ゆっくりと息を吐き出すことがポイントです。そうすると自然と深く息を吸うことができます。
いつでもどこでもできるので、日常的に取り入れて習慣にしたいですね。

お気に入りのレイングッズを買う

065830

お気に入りの傘や長靴があれば、雨の日が待ち遠しくなりそうですね。

「安かったから、これでいいや」と思って買った傘と、「気に入った。すごく好き!」と思って買った傘とは、傘をさしているときの気分も全然違ってきます。
ぜひ「お気に入り」のレイングッズをそろえたいですね。

夏のレジャー計画をたてる

073533

夏は海に山にとレジャーが楽しい季節。
しっかり準備できるように、6月のうちに計画をたてておきたいですね。
「今年は山に行こうかな。帰りは温泉によろう。あと、家族でプールも行きたいなあ。今のうちに新しい水着も買っておかないと!」など、楽しい計画を考えれば、ウキウキしてきて憂鬱な気分も吹き飛びそうですね。

 

いかがですか?他にも考えたらいろいろな方法がありそうですね。梅雨の憂鬱を乗り越えて、元気よく夏に突入しましょう。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑