海で楽しく遊ぼう!海水浴で必要な持ち物

公開日: : 夏の行事

75ad7a3e591f36eab64f151de514a2b7_s
いよいよ夏休みに突入し、夏本番ですね。これから家族で海水浴という方も多いと思います。
私が実際に海に行って、「これが必要だな」「忘れて失敗した」という経験から海での持ち物や準備についてまとめてみました。

海に行く前に準備する物

大人も子供もラッシュガードが必須

IMG_1588
海ではさえぎるものがないので、紫外線が強烈です。大人も子供もラッシュガードが必須です。
ラッシュガードを着ておけば、日焼け止めを塗る部分も少なくてすみますし、本当に便利です。

ちなみに私の場合

上:キャミソールタイプの水着+長袖ラッシュガード
下:水着+トレンカ+サーフパンツ

幼児には帽子も必要

小さなお子さんと一緒の場合は、帽子も必要です。
首にストラップがついている帽子が風で飛ばされなくて便利です。

ビーチサンダル

ef5a4a211966dd02b1c185669067db82_s
砂が熱いのでビーチサンダルは必要です。

日焼け止めは水に強い物を用意

日焼け止めはなるべく水で取れにくいものを用意します。それでも取れてしまうので、こまめに塗り直すことが重要です。

HPでレンタルできる物をチェック

事前に海水浴場のホームページでレンタルできる物をチェックしておくと安心です。

冷たい飲み物を用意

クーラーボックスを持参するのが一番良いのですが、荷物が増えるので、うちの場合はペットボトルを凍らせて、保冷バッグに入れていきます。

財布から必要のない物は抜いておく

クレジットカードなど、当日使わない物は置いていき、必要な物だけを入れるようにしましょう。
ロッカーに預けるにしても、なるべく貴重品は少ない方が安心です。

小銭を用意して、ジップ付きのビニール袋に入れる

海辺へ持っていく用です。パラソルなどレンタルする場合は、5000円くらいはあった方がいいですね。
レンタル料金は前払いなので、お札で大丈夫ですが、海辺へ持っていく分は濡れても大丈夫なように500円玉等の小銭で用意した方がいいです。

浮き輪と空気入れを用意

IMG_1634

子供の浮き輪は必須ですが、大人用もあった方楽しいです。
空気入れはたいてい海水浴場で借りられますが、使ってる途中で空気が抜けてたりもするので、簡単な空気入れを持っていった方が安心です。100円ショップの空気入れでも、子供サイズの浮き輪なら十分ふくらませられます。大人用の浮き輪を膨らませるには、電動じゃないと大変です。

サンシェードを持っていくか、現地でパラソルを借りるか

52eb780f84806e04d17de5665a1f124f_s

折りたたみ式のサンシェードが売っているので、持っていくとパラソルをレンタルせずにすみます。
パラソルは意外と日陰の部分が少ないので、サンシェードの方が日よけにはいいですね。
サンシェードは底がけっこう薄いので、ビニールシートを敷いた方がいいです。
風でとばされないように、荷物で抑えたり四隅をしっかり固定しましょう。

サンシェードの難点

サンシェードは折りたたみ式といってもそれなりに荷物になるのと、プールならいいのですが、海水浴に持っていくと砂だらけになるので、後で砂を落とすのが大変です。その点はパラソルをレンタルする方が楽ですね。

ペットボトルに砂落とし用の水を入れて持っていく

海水浴で休憩する時、水分補給するにも日焼け止めを塗り直すにも、すぐに砂がついてしまいます。
そんなときにペットボトルに水を用意しておくと、砂が落とせて便利です。

ビニールシートも必要

荷物を置くのにも座るのにもビニールシートは必要です。サンシェードを使う場合も、サンシェードの底は薄いので、ビニールシートを敷いた方がいいです。

子供用にスコップとバケツがあると楽しい

小さなお子さんと一緒の場合は、スコップとバケツがあると波打ち際でのお砂遊びが楽しいですよ。

バンドエイドもあると安心

b28ad82499e44ab2171249db838fcb58_s
貝殻やゴミなどで足を切ってしまうことがあるので、バンドエイドがあると安心です。

あとはタオルとビニール袋とティッシュ

タオルを数枚(海辺で使う分とシャワーの後で使う分)と濡れた水着などをいれるビニール袋が数枚必要です。
海水はけっこう冷たいので、鼻水が出てきたりします。ティッシュも忘れず用意しましょう。

海に着いたら

ロッカーに貴重品を預ける

更衣室で着替えをすませたら、財布などの貴重品はコインロッカーに預けましょう。
海辺にはジップケースに用意したお金だけを持っていきます。
スマホを持って行きたい場合は防水ケースを利用するといいですね。

ロッカーがない場合は?

私が今まで行った海水浴場はすべてロッカーがありましたが、ない場合もあります。
その場合は「防水ケースに入れて貴重品をすべて携帯する」もしくは「交代で荷物番をする」など、対策を考えておく必要があります。事前にロッカーの有無を確認しておきましょう。

ジップケースにロッカーの鍵も入れる

お金を入れたジップケースにロッカーの鍵も入れておきます。
サーフパンツのポケットにはファスナーやホックがついているので、そこに入れておきます。

カメラはどうする?

せっかく家族で海水浴をするなら写真も取りたいですよね。
うちの場合は、失くしてもあまり困らない古いデジカメを持参して、使わないときは、バッグの奥に入れて他の荷物と一緒に海辺に置いています。でも盗難の恐れがあるので、おすすめはできない方法です。
防水ケースに入れて携帯するのが安心ですね。次回からは利用したいと思っています。

熱中症に注意して、こまめに水分補給

海で遊んでいるとつい夢中になってしまいますが、こまめに休憩をとって水分補給をしましょう。
特にお子さんはのどの渇きもにも気づかず、遊んでしまうことがあるので、熱中症には十分注意が必要です。

帰りの混雑を避けるため早めにあがる

夕方頃は皆がいっせいに海からあがるため、更衣室もシャワー室も混雑します。
子供と一緒の場合は、なるべく混雑を避けるため、早めにあがりましょう。

しっかりと準備して、海水浴を楽しみたいですね。

関連記事

f4f31662fac3634ad4dea06f288e6b7b_s

もうすぐお盆!夏の帰省におすすめの手土産

もうすぐお盆休みですね。帰省の手土産を何にするかお考えですか? 私が買ってみて、評判がよかった

記事を読む

b0697a0f97353a9e68a95df4d8199f72_s

海の日の由来は?そして山の日もできます

7月21日は海の日ですね。「いつの間にかできていた夏休み前の祝日」というイメージですが、そもそも海

記事を読む

077184

七夕のお話は1つじゃなかった?

織り姫と彦星の七夕のお話は知ってる方が多いですよね。私も「知っている」と思っていたのですが、改めて調

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑