秋の紫外線は油断大敵!うっかり日焼け対策を忘れずに

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 秋の健康管理

秋の紫外線は油断大敵!うっかり日焼け対策を忘れずに
9月に入ると真夏のジリジリとした強烈な日射しもやわらぎ、外出しやすくなりますね。空気もカラッとして爽やかになってくるので、公園でピクニックなど、おもわず外で過ごしたくなります。でも秋はまだまだ紫外線量が多く、「うっかり日焼け」に要注意の時期なんです。

秋に「うっかり日焼け」が多くなる理由

秋のうっかり日焼け

紫外線に対する注意がゆるむ

9月上旬〜中旬にかけては、まだまだ残暑が厳しく暑さの残る日が続きます。この時期までは、夏の続きの感覚で、しっかりと紫外線対策をしている方が多いと思います。
でも、朝晩が涼しくなり秋らしさを感じる9月中旬以降から、紫外線に対する注意もゆるみがちです。

屋外で過ごす時間が長くなる

真夏は日中に長時間外出することは少ないと思いますが、過ごしやすい秋になると外出の機会が増えます。遠足や運動会、レジャー等で半日〜1日屋外で過ごすこともあるでしょう。
紫外線の量は真夏よりも減少していますが、9月中旬で真夏の70%程度、10月中旬でも50%程度は紫外線量があります。長時間屋外にいれば、当然お肌は紫外線によるダメージを受けてしまいます。

日焼けの実感がしにくい

夏場のようにじりじりとした太陽光線を感じないので、日焼けしていることを実感しにくいです。運動会や遠足が終わって帰宅後、肌がヒリヒリ赤くなって初めて日焼けに気づくことも。長時間外で過ごすときには、お子さんにも忘れず日焼け止めを塗ってあげましょう。

特に「うっかり日焼け」しやすい部分

秋のうっかり日焼け 手の甲
運動会など、写真やビデオを撮る機会が多い場合、特に焼けやすいのが手の甲です。帽子はしっかりかぶっていても、気温が下がると手の甲に日焼け止めを塗るのは忘れがち。日焼けしたくなければ、日焼け止めをしっかり塗るか、手袋でガードしましょう。

冬の乾燥肌トラブルの原因にも

秋の日焼けは、肌の乾燥が激しくなる冬場の肌トラブルの原因にもなります。

肌の奥まで届くUB-Aに注意

紫外線には肌の表面に影響を与えるUV-Bと、肌の奥まで影響を与えるUB-Aがあります。(UV-BとUV-Aについてはこちらの記事に詳細があります。)真夏の「肌がじりじりと焼けている感覚」はUV-Bによるもので、こちらは7月〜8月を過ぎると大きく減少します。
しかし、UB-Aはピークである7月〜8月をすぎても、急激には減少しません。9月中旬〜10月中旬でも65〜75%程度はふりそそいでいるそうです。
波長の長いUB-Aはじわじわと肌の奥まで届くので、肌の乾燥がすすみ、しわ・たるみの原因になってしまいます。

秋は特にUB-Aを意識しながら紫外線対策をして、「うっかり日焼け」を防ぎ、冬場の乾燥にそなえたいですね。

関連記事

a27ee1a80f940698efb2b92285be751d_s

秋の乾燥肌に要注意!冬の肌トラブルの原因にも

9月に入って湿度がぐっと下がり、空気がカラッとした秋の気候になってきましたね。でも、ここ数日、夏

記事を読む

7359f746ffa9bf01e875aef0ef327339_s

ダイエットを始めるのは秋がおすすめな3つの理由

秋は気候もよく食べ物が美味しい季節。「秋の新作スイーツ」や「期間限定栗のスイーツ」など、美味しい

記事を読む

72ac3de14de662bf17e99b44917a1517_s

季節の変わり目の体調不良に注意!秋の健康管理

気温も下がって爽やかな行楽の季節である秋。「夏場よりも過ごしやすいはずなのに、なぜか体調を崩しや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑