夏太りとは?夏に太りやすい3つの原因

公開日: : 夏の健康管理, 夏の情報

体重うさぎさん

毎日蒸し暑い日が続いていますね。湿度の高い日は「サウナかな」と思うほど汗をかく日もあります。
でも「こんなに汗をかいてたら痩せるだろう」思うのに、なぜか痩せない・・。むしろちょっと太ったかも?
実は夏は冬よりも太りやすいってご存知ですか?夏に太る原因が3つあります。

1.基礎代謝の低下

夏は冬よりも基礎代謝が低くなる

気温が低い冬は、体の体温を維持しないといけないので、体の中をエネルギーを燃やすため基礎代謝が高くなります。一方、夏は気温が高いので、体温を維持するためにエネルギーを燃やす必要がなく、基礎代謝が低くなります。
暑いときに汗をかくのは体の体温調整をするためなので、汗をかくだけでは痩せる効果はあまりありません。

加齢でも基礎代謝が低下

基礎代謝は加齢によっても年々減少していきます。毎年同じくらい食べていても毎年太りやすくなっていきます。

「夏の冷え」でも基礎代謝が低下

冷たい水分のとりすぎや、冷房による体の冷え過ぎなどの「夏の冷え」により、体が冷えている状態が続くと、基礎代謝が低下します。また、基礎代謝が低下すると、水分の代謝も悪くなるので、顔や体のむくみの原因にもなります。

2.炭水化物(糖質)の取りすぎ

05cd6e82387d8e3bf17269f7caa3749d_s

そうめんは意外と高カロリー

暑いときは、食事は簡単にすませたくなりますね。一番手軽に食べられるのは、ごはんやパン、麺類などの炭水化物です。特に暑い日はのどごしの良い「そうめん」が食べたくなります。
実はそうめんはごはんよりも高カロリーなんです。

    ごはん1膳(約140グラム) → 235kcal
    そうめん1人前(2束・乾麺100グラム) → 332kcal 

そうめんだったら、つるつるっと2、3束くらい軽く食べてしまいますよね。しかもそうめんのときは、おかずはあまり食べないことが多いと思います。炭水化物だけを食べるのは太りやすいうえに、糖質を多量に摂取することで、疲労物質である乳酸が増えて、疲れやすくなってしまいます。

野菜やお肉と一緒に食べる

そうめんを食べるときは、なるべくそうめん単品で食べず、肉や野菜と一緒に食べるようにしましょう。
特にビタミンB1を含む食品(豚肉・納豆など)と一緒に食べると、糖質をエネルギーに変えてくれるので、夏バテ防止にもなります。

ぶっかけそうめんがおすすめ

a14993e90e1a5f585f7dd6280474b3c1_s

大皿にそうめんを盛りつけて、各自で取り分ける食べ方だと、ついつい食べ過ぎてしまうので、「ぶっかけそうめん」にするのがおすすめです。豚しゃぶときゅうりをのせた「豚しゃぶそうめん」、トマトをツナとしそをのせた「トマトとツナのそうめん」、納豆好きの方なら、温泉玉子とおくらと納豆をのせた「ねばねばそうめん」などいかかがですか?

冷たい物は甘みを感じにくい

074735
アイスクリームやジュースなどの甘い物には糖分がたっぷり。冷たいので甘みを感じにくく、糖分を取りすぎてしまいます。「アイスクリームやジュースを毎日の習慣にしない」など、糖分を取り過ぎないための注意が必要です。

3.運動不足になりやすい

暑い夏はどうしても運動不足になりやすいです。普段は歩いている距離でも、暑いときはバスや車を使いたくなりますよね。

涼しい時間に歩く

朝や夕方の涼しい時間をねらって、お買い物がてら歩くようにしましょう。

家の中でできる運動をする

ストレッチ運動
ストレッチやダンベル運動、スクワットに腹筋など家の中でできる運動はたくさんあります。ラジオ体操もかなりの運動量があるそうです。毎日続けられる運動を取り入れたいですね。また、家事も立派な運動になります。家事も運動と思えば楽しくできるかも?
 
帰省で久しぶりに会う友人や親戚に「ちょっと太った?」なんて言われないように、夏太り解消に努めたいですね。

関連記事

肌疲れ

夏の肌は乾燥しやすい?夏の乾燥肌対策

夏の肌は乾燥している? 「うるおっている」と思っているのは皮脂や汗 一見、「うるおっている」

記事を読む

f4f31662fac3634ad4dea06f288e6b7b_s

もうすぐお盆!夏の帰省におすすめの手土産

もうすぐお盆休みですね。帰省の手土産を何にするかお考えですか? 私が買ってみて、評判がよかった

記事を読む

070045

夏バテ防止!3つの対策

毎日暑い日が続いていますね。そろそろ「夏バテかな」と感じる人が増えてくる時期ですね。私もこのところ

記事を読む

2281bfd7f373f18fae0a3c827ab6528c_s

子供がかかりやすい3つの夏風邪

夏場は寒い冬の時期と比べると、病気にかかりにくい時期ですが、子供がかかりやすい夏特有の風邪が

記事を読む

020957

気をつけたい「夏の冷え」5つの対策

  夏の暑さが本格的になり、毎日クーラーを入れるようになったら気をつけたいの

記事を読む

太陽の写真

急に暑くなったら注意!熱中症対策

7月からいよいよ本格的な暑さがはじまると、「熱中症」への注意が必要ですね。 熱中症とは 気温や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑